日経225を始める前に

日経225を始める前にチェックしておきたいポイントをここでは紹介したいと思います。日経225のオプション買いというのは権利の売買をすることになるのですが、これから先に権利をとれる状態が発生した場合に儲かる仕組みです。なので、オプション取引の買いというのは、投資ではふりになっているので、流行に沿って、それを時間をかけて日経平均株価が動いて、本質の価値と権利が同じになるのを待つというのが日経225の戦略の正しい方法です。日経225のオプション取引の買いというのは、レバレッジをかけて行うことになりますが、レバレッジをかけることも大切ですが、時間価値を選んで少しでも利益を手にするという戦略も大切です。日経225のオプション取引の買いというのは、毎月、SQと呼ばれる清算日がもうけられていますから、この1か月で投資の勝ち負けが完了することになります。買い方や売り方によって勝てるかどうかが決まってきて、売り方がかなり有利とされています。勝率は、10%取れれば良いとされています。日経225はまともに取引をしていてもなかなか勝てないということですから、やはり戦略を考えて、色々と作戦を練って行わなくてはいけません。
日経225の戦略の方法を取引を始める前に知っておいた方がいいでしょう。トレンドフォロー型、そしてトレーディング型、スペキュレーション型、この三つがあります。トレンドフォロー型とスペキュレーション型の場合には、自分の相場に対する思いなどを一切入れないでトレンド任せで投資を行います。

日経225のシステムとレード

 

日経225のシステムトレードというのは、自分の判断で裁量での取引をするのではなくて、最初に設定している基準で機械的に判断をして自動的に日系225の取引をするという投資のスタイルのことを日経225のシステムトレードと呼んでいます。投資家の感情などに左右されないで、テクニカル分析を基本として売買を行いますから、システムトレーターが優れている場合には、自分で何もしなくても、日経225で利益が増やせるという特徴があります。日経225の投資というのはほかの投資と比較するとテクニカル指標に忠実に動くという特徴がありますから、取り扱っている証券会社からもたくさんの、システムトレードの情報などが出回っていると思います。
日経225のシステムトレードの中には、取引そのものも自動売買が出来るというようなシステムがあるというものもありますから、これなら手軽に投資が出来るのではないでしょうか。日経225のシステムトレードは初心者でもできるのかと思っている人もいると思います。システムトレードを構築するにあたっては、テクニカル分析の知識などもある程度の必要になってきますし、プログラムをするという技術も必要です。ですから、初心者がいきなり日経225のシステムトレードをするというのは少し無理があると思います。

日経225とレバレッジ

 

レジバッジといえばFXの魅力の一つでもありますが、日経225でもレバレッジを効かせることは可能です。レバレッジをかけて、ハイリターンを望めるのですが、その反面で、かなりハイリスクも背負うことになりますから、その点は理解しておきましょう。資産を50万円持っていて、現物取引をする場合には、投資金額の50万円以上損が出ることはありませんね。そして株の信用取引の場合でも、委託保証金が決められていて、30%に決められていますから、50万円の担保で取引をしていて30%なら、166万円になり、これは単純に計算すれば、3倍レバレッジがきいている計算になりますね。50万円の投資で166万円の取引ができ、それで利益がかなり出ればいいのですが、逆に損をしてしまった場合には、50万円の元金で、166万円の損が出ることになるので注意しましょう。
日経225の取引は、証拠金を基にして、証券会社が、売買に必要な最低証拠金のラインを決めています。例えばその最低証拠金が30パーセンで、15パーセントの最低証拠金が必要であるというような決め方がされている場合には、45万円資金が必要であるということになります。
そして日経225の値段が13000円だった場合には、45万円で1300万円もの取引をしていますから、これを計算すると、29倍のレバレッジでの取引になります。
日経225ではたった10円値段が動いただけでも、1万円単位の利益か損失が出てしまいますから、結局は証拠金よりもハイリターン、ハイリスクがあるということを覚えておきましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査 ゆるい10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1カードローン 審査 ゆるい10